CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
ARCHIVES
CATEGORIES
感想吐き済み作品
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
バナー置き場
ToHeart2 DX PLUS|AQUAPLUS AXL新作第10弾「レーシャル・マージ」 2014年4月25日発売予定! 【初恋サクラメント】応援バナー 『ノーブルリージュ!』応援中! 『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です! ティンクル☆くるせいだーすPSS
LINKS
MOBILE
qrcode
PR
OTHERS
<< 自分だけの愛され空間! | main | 何かを隠すなら、別人になれ!Σ(゚Д゚;) >>
ところでウチの魔女知りませんか?(´・ω・)
イルファさん、ミルファちゃん、シルファちゃん、ただいま〜♪


こっちゃんこと山川琴美さんのお兄さんが作家さんなのをご存知でしょうか!

ちょいと前に新しいのが出まして、
せっかく読んだのでちょいと感想でも書いてみようかななんて(☆∀☆)





『うちの魔女しりませんか?』



こちらも以前、今週の本たちで買いました報告したやつッス。


////////↓以下、あらすじ↓////////

『魔女』が絶滅危惧種として、国家的に保護されている世界。
そんなある日、国に保護されていた最後の魔女が死んだことがニュースで報じられた。

「魔女の楽園を探す」と旅に出た父を反面教師として育った主人公・柏崎文哉は、
「魔女は生きている」と豪語する魔女オタクの友人・守屋涼太に引きずられ、
最後の魔女が捕獲された、通称『魔女の森』へ挑む。

そこで見つけたのは、とても幼い小さな魔女だった。

////////↑以上、あらすじ↑////////


こんな感じでヤンス。



まぁ、よくあるっちゃあよくある系の入り口です^^;

この作品の面白い点は、何と言っても『魔女』の立ち位置。
絶滅危惧種として国に保護され、飼い殺されるのが当然となっている世界なの(;´Д`)

もちろん、主人公が出会った魔女・・・主人公がミラって名づけるんだけど、
魔女に対して特に思い入れの無い主人公は、
それでも誰かに見つかれば飼い殺し確定、それは許せない!
というわけで、共同生活始めちゃうんですよこの子!!(☆∀☆)

しかも、母親はおらず、父親は旅に出て行方不明!
なにこの誂えたかのような状況o(`ω´*)o




どうしていつも一人暮らしの学生ばっかりイベントが発生するんだ(´・ω・)




んで、
周りにミラが魔女であることを隠しながらの共同生活、
当初は言葉すらまともに話せなかったミラも、
わずかな期間で当たり前のように会話するようになったりするわけで。。。
そして魔女特有のアレやソレによって、友人にバレそうになったりするわけで。。。
さらに主人公はミラを『魔女の楽園』に連れて行ってやろうと考えたりするわけで。。。


果たしてミラはどうなるのか!!!

『魔女の楽園』は本当にあるのか!!!


明日に向かって、放て!ロケットほうき!



あれ、方向性変わっちゃったww
でもこんな感じのお話です(☆∀☆)

寝落ち武者的には、もう少しエピローグのようなものが欲しかったなぁという感想かな。
ミラちゃんマジ可愛い(*´д`)=3=3=3




ちなみにこっちゃんのお兄さんである山川進先生は、
本作の他にも『学園カゲキ』というラノベを書かれております(`・ω・´)

現在のところ全6巻で、寝落ち武者はまだ途中なのですが、
こちらも個人的にオススメであります(>Д<)ゝ”

本屋さんでお見かけの際は、ぜひとも手にとって頂ければとm(_ _)m



みんなで山川先生に感想送ろうぜ!


| 小説感想 | 01:27 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:27 | - | - | pookmark |
コメント
Hello to every one, as I am in fact keen of reading this website’s post to be updated on a regular basis. It consists of good stuff.
| Stefan | 2015/03/03 2:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ne-watcher.jugem.jp/trackback/170
トラックバック