CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
ARCHIVES
CATEGORIES
感想吐き済み作品
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
バナー置き場
ToHeart2 DX PLUS|AQUAPLUS AXL新作第10弾「レーシャル・マージ」 2014年4月25日発売予定! 【初恋サクラメント】応援バナー 『ノーブルリージュ!』応援中! 『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です! ティンクル☆くるせいだーすPSS
LINKS
MOBILE
qrcode
PR
OTHERS
<< Amazonは年に数回使います | main | 秘技・論理チョップ!!(ノ☆□☆)ノ >>
ちょっとぉ、やーめーてーー(/・ω\)チラッ
イルファさん、ミルファちゃん、シルファちゃん、ただいま〜♪


以前『HIDEOUT』の感想を書いたときに言った気がするのですが、
寝落ち武者はホラーが好きです。


結構ヘタレなクセに、
寝落ち武者はホラーが好きです。



大事なことなので二度言いました(`・ω・´)

というわけで本日もホラーといってみましょうか!







 『ポルタス』


ポスタルじゃないよ!
別に牛乳買いに行って前のオッサン○したりしないよ!(><;)


////////↓以下、あらすじ↓////////

昔流行った『ポルタス』というテレビゲームには一つの噂があった。


あるステージに行くと見知らぬ男の子が現れて、
「こっちに来る?」って訊いてくる。
そこで「はい」と答えたが最後、その人は必ず死ぬ。


美術部に所属する女子高生・あさみは、
先日まで音信不通だったにもかかわらず、突如部活に現れた親友の千春から、
そのゲームの名を聞かされる。
口にした瞬間、何かに怯えたようにその場を去る千春。


翌朝、千春は自殺していた。

////////↑以上、あらすじ↑////////



こんな感じのホラーですが、、、


入り口からもうやだー。・゚・(ノд`)・゚・。



超こえーし。゜(゚´Д`゚)゜。




でも、「必ず死ぬ!(キリッ」て書いてちょっと恥ずかしくなっちゃったww



さて、あらすじにもありますように、
本作は、『ポルタス』という架空のゲームにある都市伝説的なものが本作の根幹!

しかも、
裏ワザ的な、ある一定のパターンで誰でもできるってのではなく、
偶然発生する系のアレ。


この作品の特徴は、
漫画版『ひぐらしのなく頃に』みたいに、
見開きでズドンとかますタイプではなく、

散らかった部屋に、明らかに見知らぬこけしが映りこんでる感じの、
いわゆる心霊写真的な描写が多い点。

まぁつまり、
 教卓の位置から教室後ろのロッカー群に、
 1箇所だけ何かでっかいこけしの頭とかあったらぶっちゃけ泣くやん?
そんな感じかな。

めっちゃ怖いやん、こけし。


正直、コレ読んだ後にカーテンの隙間のこけしとか絶対に意識したくない(;つД`)
・・・って普通に書けるのは、この部屋にカーテンが無いからなんだぜww




そんな寝落ち武者が知っている中で、
高に気持ち悪く
最っ高に一人でトイレに行きたくなくなる
最凶のホラー作品!


皆様も枕元に一冊いかがでしょうか♪






・・・もうこけし嫌い( ´ω・`)






ところで、
ポルタスのような心荒むホラーで心を乱された際には、
荒れた心を蕎麦湯のように緩く溶かすハートフルなラブストーリー、

『ToHeart2』
『ToHeart2EXRATED』
『ToHeart2AnotherDays』

などが処方箋なしでご利用頂けます(*´∀`*)
用法・用量を守って正しくお使い下さいませませ!(>▽<)ゝ”

| 漫画感想 | 02:44 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:44 | - | - | pookmark |
コメント
Hey! I simply wish to give a huge thumbs up for the great data you’ve gotten here on this post. I can be coming again to your weblog for extra soon.
| Emmett | 2014/07/04 4:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ne-watcher.jugem.jp/trackback/157
トラックバック