CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
ARCHIVES
CATEGORIES
感想吐き済み作品
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
バナー置き場
ToHeart2 DX PLUS|AQUAPLUS AXL新作第10弾「レーシャル・マージ」 2014年4月25日発売予定! 【初恋サクラメント】応援バナー 『ノーブルリージュ!』応援中! 『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です! ティンクル☆くるせいだーすPSS
LINKS
MOBILE
qrcode
PR
OTHERS
<< 溝らじ公開録音もあったよ! | main | 理解できないのが面白さです >>
一風変わった探偵さん
イルファさん、ミルファちゃん、シルファちゃん、ただいま〜♪


イベント記録を書くとアクセス数が著しく減少するこのブログw

そんなわけで今回は久しぶりに漫画でも。






『監禁探偵』


表紙が黒のとぅるんとぅるんなので、
私の姿や部屋が映り込んでますが、全力で無視してください(>Д<)ゝ”



さて、我孫子先生といえば、有名サウンドノベルゲーム『かまいたちの夜』
シナリオを担当されていた方・・・(*´д`*)

タイトル見てどんな内容なのかと思えば、
好き放題に意表を突きまくってくれましたヽ(;´Д`)ノ


ではあらすじ。


////////↓以下、あらすじ↓////////

コンビニでバイトに勤しむ青年、山根亮太は、
今日も目的の女性、里見玲奈の来店を待ちわびていた。

そう、山根亮太は里見玲奈のストーカーなのだ。

バイトあがりのある夜、玲奈の家のベランダに彼女のものらしき下着を見つけた亮太は、
下着を頂くため颯爽とベランダに飛び掛かった。

下着の香りを楽しむ亮太は、そこで部屋の窓が開いているのを見つけてしまう。
勢いに任せて室内にまで侵入する亮太。
そこで彼が見たもの、それは血まみれになった玲奈の死体だった。

////////↑以上、あらすじ↑////////


いやストーカーかい!┌(`Д´)ノ


と、読み始め数ページでいきなりツッコミを入れざるを得ない展開w

しかも彼、ただのストーカーではありませんΣ(・Д・ノ)ノ


ここでもう一人の登場人物をご紹介、、、表紙の左下の女の子・アカネちゃん。

彼女が本作の探偵役なのですが、
彼女、故あって亮太に監禁されているのですΣ(゚Д゚;


という役回りで話は進んでいきますが、
登場人物がそれぞれ何らかの形で頭のネジがおかしい点を除けば、
意外と普通の推理モノです。


本作の見所は、イカレながらもその上で理にかなった行動をとる登場人物の描写、

・・・と言いたいところですが、
ソレより何より、やはりアカネちゃんの下着+Yシャツでしょう!
仮にも監禁されている彼女、

ちなみに作中での初登場時は下着+手錠のみww





もう何がなんだかわからない∩( ・ω・)∩





こんな感じで、既について行くだけで必死になりそうなこの作品。
単巻で完結するレベルの容量ですので、
さほど時間をかけずにサックリとお楽しみ頂けます♪

もし書店でお見かけの際は、この一風どころか二風も三風も変わった一作、
お手に取られてみては如何でしょうか♪



あ、もちろんアカネちゃんが監禁された理由も分かりますのでご安心を( ̄ー ̄)ノシ







ついでに、
今週末の2月20日に発売される、Leafアミューズメントディスク『愛佳でいくの!!』
に収録されていたダンジョンRPG『FINAL DRAGON CHRONICLE』のコミック版、

『ToHeart2
  FINAL DRAGON CHRONICLE・その後』


も合わせてご購入頂けますと、
監禁探偵の歪んだ人間関係に疲れた心をハートフルに癒してくれること間違いなし!

もしかしたらメイドロボ3姉妹も出るかもね!



いや、むしろ出てて!!ヽ(`д´;)/

| 漫画感想 | 01:05 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - | pookmark |
コメント
Avanti ? signifies not merely get it done speedily in each day Italian but additionally the front aspect of some thing, that’s right here the place with the tone for singing.
| Isabella | 2014/02/09 5:17 AM |
Even though i sitting this blog post, i figured i’m only studying by way of much like this write-up filled in the majority of weblogs however when We are now within the heart of this content, I can easily not assist me personally to understand the content that written in immediately there. I can not believe the blogger might well make this weblog remarkable with the remarkable good quality material that other individuals do not have. Let me adore this webpage for much even more studying beneficial content down the road.
| Tyrell | 2015/03/06 8:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ne-watcher.jugem.jp/trackback/148
トラックバック