CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
ARCHIVES
CATEGORIES
感想吐き済み作品
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
バナー置き場
ToHeart2 DX PLUS|AQUAPLUS AXL新作第10弾「レーシャル・マージ」 2014年4月25日発売予定! 【初恋サクラメント】応援バナー 『ノーブルリージュ!』応援中! 『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です! ティンクル☆くるせいだーすPSS
LINKS
MOBILE
qrcode
PR
OTHERS
<< 変〜〜〜、身ッッッ!!! | main | 新年一発目の愛試し!! >>
「100年早ぇ!」を漫画に
イルファさん、ミルファちゃん、シルファちゃん、ただいま〜♪


本格的に『漫画ふわ〜っと感想』な様相を醸し出してきましたこのブログ。
気にしながらもそれしかないので今日も漫画紹介していくよ〜w

ほい






『ハンド×レッド』


サクサクっとあらすじ!



////////↓以下、あらすじ↓////////

100年間、闇の煉獄に封印され続ける呪いを受けた主人公・ジム。
呪いは100年に一度、10日間だけジムに自由を与える。
この呪いを解くには、ジムを裏切り、彼のの心臓の半分を持ち去った親友ルカを探し、
倒さなければならない。
逃せばまた100年間の封印に逆戻り!
ジムは憎き親友を倒し、封印を解くことができるのか!?

////////↑以上、あらすじ↑////////



だいたいこんな感じかしら。
ドが付くほどに剣と魔法のファンタジーです(☆∀☆)

3巻まで出ている時点で簡単に想像できると思いますが、
当然、1回は失敗しますw


この作品の面白いところはそこで、
失敗したジムは100年の封印の後、また現実世界に落とされます。

しかも、落とされる場所は必ずルカの近く!
なぜなら、ルカがジムの心臓の半分を握っているから!!

といった感じで、旅や冒険無しに
世界をガラッと変えてしまうことができる素敵設定なのです。



もちろん、実は二人とも相手の持つ半分の心臓を狙い合っていたりしているので、
 ・ジムは100年間封印される
 ・ルカは封印されているジムに手出しできない
という理由から、両者は10日間に必ずぶつかるようになってますww


よぉできとるでや(*´д`*)



でも、逆に言えばそれだけで、
後は普通のドファンタジーです


入り口から、
二人が元々親友だったけどルカが裏切ったという情報だけを読者に与えたり、
100年ぶりの再開なんてのも特有なところかしらね!


寝落ち武者はそんな剣と魔法の世界が大好物なので、
ファンタジー好きな方は、それだけでも十分楽しめるのではないかと思ったり。。。


というわけで、そろそろ4巻が出ていてもおかしくないぐらい間が開いているのですが、
興味の沸いた方も、
「ちょっと記憶の片隅に残しておいてやろう」ぐらいの方も、

もし4巻以降をお見かけの際は、

寝落ち武者に教えてくださいホントマジでm(_ _)m








ときに、
きっと100年経っても姿変わらず「ご主人様LOVE」なメイドロボ3姉妹と、
キャッキャウフフできるハートフルなPCゲーム

 『ToHeart2 XRATED』

 『ToHeart2 AnotherDays』

は、アクアプラスさん公式通販『apstore』にラインナップされております♪




 後は・・・わかるな?( ̄ー ̄)

| 漫画感想 | 01:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:48 | - | - | pookmark |
コメント
いったい何年間生きられるんだ?ww気になる
両者が狙い合ってるのに、一回目を失敗したことも気になる!

そこら辺はさすがファンタジーという感じなんですかねー
| みゆう | 2011/01/18 12:22 PM |
>みゆう様
100年=10日と換算して・・・って、いつまで呪われ続けんねんww
両者、そう簡単に心臓はくれてやれんよということで( ̄ー ̄)

『心臓の半分』とか、呪われていないルカが何百年も生き続けてるのも、ファンタジーだから許される事ですなw
| 寝落ち武者 | 2011/01/18 5:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ne-watcher.jugem.jp/trackback/119
トラックバック